お楽しみのあとは

  鉢土はピートモス(水苔の堆積物)で有機物です。植物と同じ燃えるゴミとして処分できます。

  鉢は新しい植物をお買い求めになり、アレンジメント作りにチャレンジされては如何でしょうか? 自作のオリジナルが楽しめます。

植物が大きくなり過ぎたら、

  植物が成長し、現在の鉢では窮屈だと思われたら、大きな鉢に植え替えてあげます。鉢から全ての植物を一緒に抜いて、

一回り大きな鉢に植え替えます。

  更に大きな鉢に植えられる場合は、根を傷めないように分けて植えます。 何れの場合もお使いになる培養土は、有名量販

店の 当社オプテのコーナーで専用の培養土を販売致しております。全く、同じ材質の物ですので、植物への馴染みも宜しいか

と存じます。 是非お試し下さい。

  植え替えの時期は、観葉植物の場合、気温の高い春から初秋に植え替えられる事をお勧めします。気温の低い間は、行わない方が無難です。

植物が劣化してしまったら

  性質がそれぞれ異なる植物を植えていますので、寿命が違います。 まだ十分に楽しめる植物も有ります。劣化した植物のみ抜き取って、

 新しい植物を植えてあげます。

施 肥

  10日〜2週間に1回程度、水やり時に市販の液肥を規定倍率で水に混ぜ与えます。

アレンジメントグリーン メイン画面に戻る

置き場所

  直射日光を避け、部屋の中の明るく、冬暖かい場所に置いて下さい。 窓際にレースカーテン越しの光が最適です。

  日当たりが悪く、冬寒い場所に長時間置くことは、生育不良、枯死の原因となります。 置く必要のある場合は、短時間にし明るく暖かい場所へ戻してあげます。

 エアコンや換気窓など、直接風が当たる場所は避けて下さい。お勧めできませんが、置く場合は、風で植物が傷まない間、やはり短時間にします。

水やり

  オプテのアレンジメントグリーンに使われている鉢は、室内園芸用にデザインされて居りますので、鉢底に穴が開いていません。 

 受け皿の必要はありませんが、 水やりにコツがあります。水を与え過ぎると、冠水し根が窒息死します。コツは、必ず鉢の土が乾いたら水を与えます。

 土の表面に湿りがある時は与えません。

  鉢土を乾かす事は、根に空気を触れさせ根の成長を促進する効果があり重要です。水やりの間隔は置かれている部屋の環境や気候によって異なります。
 

 

 

OPTE アレンジメントグリーンの管理方法

FAX:0537-36-5637

TEL:0537-36-5121(代)

静岡県菊川市下内田2111-1

東海園芸株式会社

SINCE 1980

COPYRIGHT(C)2007 TOKAI ENGEI CO.,LTD ALL RIGHT RESERVED.
OPTE by TOKAI ENGEI CO.,LTD

OPTE 室内園芸培養土

ホームに戻る