本文へジャンプ

OPTE アクアグリーン ヤシ殻活性炭
 OPTEの観葉植物を、ヤシ殻活性炭を使ってクリアポットに植え込みました。

木炭と違いヤシ殻活性炭には、ナノ単位の無数の穴(微細孔)があり、グラム当たり

の表面積は、東京ドームと同じくらいの広さがあると言われています。

この微細孔により、通気性・保水力、さらに臭いの吸着力が非常に優れています。

 きれいで清潔、虫が付きにくい。しかも脱臭効果に優れ、

植物の臭いやお部屋の臭いを吸収します。

 植物用にph調整済だから、植物にやさしく害もありません。

 二酸化炭素を吸収し、お部屋の悪臭も吸収してくれる

『OPTEアクアグリーン ヤシ殻活性炭』は

W効果のエコインテリアです。

鉢サイズ:
105型 φ 97×H117mm
120型 φ118×H135mm
OPTE アクアグリーン 活性セラミック
 OPTEの観葉植物を、活性セラミックを使ってクリアポットに植え込みました。

この活性セラミックは多孔性の為、保水力と通気性に優れ、根の成長を促進します。

水分がある時は茶色く、乾いた時は白く変色するので、水やりの時期が一目で分かります。

 植物は二酸化炭素を吸収した分だけ成長し酸素を放出します。

 その植物の成長を促進する『OPTE活性セラミック』は、

優れたエコインテリアです。


鉢サイズ:
105型 φ 97×H117mm
120型 φ118×H135mm

Clean
&
Ecology

OPTE アクアグリーン

OPTE アクアグリーンの育て方
置き場所:
 屋内の直射日光が当たらない、明るい場所に置きます。日当たりの良い窓際の、レースのカーテン越しが理想的な場所です。
冷暖房機の風が直接当たる場所は避けて下さい。
 また、マンション、アパート等窓が無い玄関は出来るだけ避けた方がいいのですが、どうしても置きたい場合は、約1週間おきに
明るい場所と交互に置き場所を変更して下さい。

水 や り:
 ヤシ殻活性炭の場合
   鉢内の水分がなくなったら、鉢底から1〜2cm程度まで水を与えて下さい。
   水が残った状態での注ぎ足しは、なるべく行わない方が植物にはいいでしょう。

 活性セラミックの場合
   セラミックの色が白く変色すると、水分が無くなってきたサインです。
   全体的に白くなってきたら、鉢底に1〜2cm程度まで水を与えて下さい。

一度水分を無くし根に呼吸させてあげることは、根の成長を促進する効果があり植物が丈夫になります。

葉   水:
通常1日1回、冬の暖房時期は1日数回、霧吹きで葉水をあげてください。葉水は植物の乾燥を防ぎ、ダニの発生を抑制します。

施   肥:
2週間に1回程度、水やりの時に液肥を500〜1000倍に薄めて与えて下さい。

SINCE 1980

COPYRIGHT(C)2007 TOKAI ENGEI CO.,LTD ALL RIGHT RESERVED.
OPTE by TOKAI ENGEI CO.,LTD

FAX:0537-36-5637

TEL:0537-36-5121(代)

静岡県菊川市下内田2111-1

東海園芸株式会社